開設70周年記念シンポジウム


桐朋学園大学音楽学部「子供のための音楽教室」の開設70周年記念シンポジウムに参加するために、東京に来ています。

場所は、新校舎の桐朋学園大学仙川キャンパスです。 1日目は、森山智宏先生の「ソルフェージュ教育と日本語」 西洋音楽を育んだヨーロッパの言語とは全く違う日本語を用いて、ソルフェージュ教育を行うことは可能なのだろうか…。この問いから、講座が始まりましたが、

ソルフェージュの根底を考えさせられる、心揺さぶられる内容でした。とても感銘を受けました。 その後は、全日本学生音楽コンクールの全国大会入賞者によるコンサート。

圧巻の演奏でした!! 一日目最後は、「ソルフェージュ教育について」のシンポジウムがあり、全国の先生方のお話を聞いて、大変刺激を受けました。 今回、モスクワ音楽院時代の友人も参加していたので、再会も嬉しかったです!

明日は、実技指導のシンポジウムがあり、私もパネラーになっているので、

今から緊張していますが、2日目も沢山のことを吸収出来たらと思います。