top of page

ラフマニノフの生涯と作品 生誕150年に寄せて

先日、日本アレンスキー協会の例会「ラフマニノフの生涯と作品〜生誕150年に寄せて〜」が開催されました。


その中で、私は、声楽の伴奏で、「歌うな、美しい人よ」「私は悲しい恋をした」と、ピアノソロで、前奏曲 Op.23-4、Op32-10を演奏させて頂きました。


例会で配られたラフマニノフについての資料が、とても興味深く、読んでいるだけでも、胸が熱くなる自分がいました。

ラフマニノフには、やはり特別な感情を抱いてしまいます。


そして、留学から戻って、かなりの年月が経ちますが、今でも、こうして札幌の地で、ラフマニノフなどの作品を追究し、真剣に向かい合う場があることに、あらためて幸せを感じます。


以前、公開レッスンを受けた生徒さんや、思いがけず、知り合い方々も聴きに来てくださり、大変嬉しかったです。

本当にありがとうございました。








Comentarios


​Link♪

 

 モスクワ音楽院留学していた頃のブログ

 asuka blog from モスクワ☆

bottom of page