前奏曲とフーガ


「前奏曲とフーガ」というテーマのコンサートに出演させて頂きました。

バッハから、どのような歴史を辿って20世紀によみがえったのか。

「平均律」に始まり、グラズノフ、ザデラツキー、ショスタコーヴィッチ、ポルトラツキーのプログラム。

私は、バッハの平均律第1巻第23番と、ショスタコーヴィッチのプレリュードとフーガop.87の第24番を演奏しました。

どちらのフーガも、4声になっていて、悪戦苦闘しながら練習していましたが、

今回、このような作品に取り組んだことが、自分自身の勉強になりました。

そして、あらためて、バッハの作品に広がる無限の世界、偉大さを感じました。


松尾ホールにて、出演者3人で。

全員、バッハの平均律を弾いたので、

学校の試験を受けているような気持ちになりました・・。