「ロシアの室内楽」


日本アレンスキー協会の例会「ロシアの室内楽(3)」

今回は、キュイー、カトワール、アレンスキー、グレチャニノフの作品が

取り上げられました。

キュイーは、辛辣な批評でラフマニノフを苦しめた人で、

今まであまり好きになれませんでしたが・・、

作品は優しく美しくて、複雑な気持ちになりました。

他にも色々な作品に触れることができて、

沢山の刺激を受けました!

そして、次の日は、余市に行ってきました。

美味しいものを食べて、楽しい時間を過ごしたので、

リフレッシュになりました。

来週は、リサイタルのリハーサルがあるので、

気持ち新たに頑張ります。