「ロシアの室内楽」


日本アレンスキー協会の例会に出演しました。

今回のテーマは、「ロシアの室内楽」

私は、イッポリトフ=イヴァノフのスペイン風セレナーデ、アレンスキーのプレリュード、

カトワールのピアノトリオop.14第1楽章を演奏しました。

どれも魅力あふれる作品でした。

アレンスキーの室内楽は、実際に演奏してみて傑作だと感じました。

そして、カトワールのピアノトリオは、

胸が痛くなるほど切なく、美しい旋律で始まります。

その後、三つの楽器が絡み合って、高揚していき、はじめのテーマが、大きく展開していきます。

何度でも弾きたくなるような

感動的な作品でした。

また、来年1月にキタラで、全楽章弾かせて頂けることになり、

今から、嬉しくてたまりません。

聴きに来て下さった方々、本当にありがとうございました!!

最後に、出演者の皆さんと♪


​Link♪

 

 モスクワ音楽院留学していた頃のブログ

 asuka blog from モスクワ☆