森林文化コンサート「ファゴットとピアノの夕べ」


NHK交響楽団のファゴット奏者森田格さんと、 ファリャのスペイン民謡組曲、チャイコフスキー「四季」全曲を中心に 演奏させていただきました。 リハーサルは、到着した日を入れて、 2日間。ひたすら夜遅くまで続きました。 ソロの練習もしないといけなかったので、 ホールの方に無理を言って、警備の方が帰るギリギリまで、 ピアノを借してもらいました。 本番まで、とても緊張しましたが、 チャイコフスキー「四季」は、詩の朗読もあり、 その内容に自分の気持ちを乗せて、 心をこめて弾くことだけに集中しました。 最初は、四季を全曲やることに不安だったのですが・・・・、 終わってみると、やってよかったと本当に思っています! 木管楽器のファゴットの音は、 温かく、まるで人の声のような音色でした。

コンサート後に見たアイスキャンドルは、 とてもきれいでした☆


​Link♪

 

 モスクワ音楽院留学していた頃のブログ

 asuka blog from モスクワ☆