鈴木飛鳥(ピアノ)

 

 

札幌市生まれ。3歳よりピアノを始める。

札幌西高等学校卒業。桐朋学園大学ディプロマコースを経て、
桐朋学園大学院大学修士課程修了。


04年、ロシア国立サンクトペテルブルグ音楽院に留学。
06年、チャイコフスキー記念モスクワ国立音楽院入学、

アンドレイ・ピサレフ氏に師事。
10年、チャイコフスキー記念モスクワ国立音楽院大学院修了。

北海道文化財団より海外奨学金を受ける。

 

07年、イブラ国際音楽コンクール(イタリア)特別賞。

08年、N.ルビンシュタイン国際ピアノコンクール(フランス) 第3位。
09年、D.V.ヴィッティ国際音楽コンクール・ピアノ部門(イタリア) 第2位。 

在学中、「選抜コンサート」にて桐朋学園アカデミーオーケストラと共演。
北九州国際音楽祭ファイナルコンサート、
サンクトペテルブルグにて、エルミタージュ劇場ホール「日本の春」に出演。
モスクワ音楽院ホールにて、ソロリサイタル出演。
浜松国際ピアノアカデミー、V.トロップピアノ集中レッスン等、受講。

ピアノを、田代慎之介、玉置善己、野島稔、タチアナ・ザガロフスカヤ、 アンドレイ・ピサレフの各氏に師事。また、S.ドレンスキー、W.ルデンコ、P.ネルセシアン、V.トロップ、O.ヤブロンスカヤ、A.ナセトキン、E.リヒテル、N.トゥルーリ等のマスタークラスを受ける。室内楽を、江藤アンジェラ、藤原浜雄、岩崎洸、岩崎淑の各氏に師事。


10年7月、ロシアより帰国。
11年、(社)日本演奏連盟主催により、

札幌コンサートホールkitara小ホールにて、「演連コンサート」ソロリサイタル出演。(平成22年度文化庁支援事業)

「音楽現代」では、”1音1音の音色が実に美しく、清楚で詩的なピアニズム”と紹介された。

13、14年、ロシア・マリインスキー劇場管弦楽団首席チェロ奏者オレグ・センデツキー氏と「北の星座音楽祭」にて共演。14年、「音の玉手箱」コンサートシリーズをスタートさせる。道銀文化財団Art Ensembleコンサート出演。

16年、日本室内楽財団助成ジョイントリサイタルに開催。

現在、札幌大谷大学短期大学部非常勤講師。

桐朋学園大学音楽学部付属子供のための音楽教室札幌教室講師。

日本アレンスキー協会会員。

ソロ、室内楽、伴奏など演奏活動を行っている。